大人ニキビ対策のスキンケアテクニック

大人ニキビの原因

思春期はとっくに過ぎたのに、何度も繰り返し同じ場所に出来るニキビ。
このように20代以上の人に出来るニキビを「大人ニキビ」と言います。

 

思春期のニキビは、比較的男性に多く見られるもので、成長ホルモンが過剰に分泌されることで皮脂が多くなり、毛穴がふさがることが原因となります。

 

一方大人ニキビの場合は、比較的女性に多く見られ、顎や額、ほおに繰り返し現れ、跡が残りやすいのが特徴です。

 

さて、そんな大人ニキビですが、一体、何が原因でできてしまうのかご存知ですか?
繰り返す大人ニキビを根本から撃退するためには、まず、原因を正確に知らなければいけません。

 

ここでは、大人ニキビの原因についてお話しします。

 

大人ニキビができるメカニズムとは?

 

年齢を重ねるごとに肌の新陳代謝は悪くなります。
その原因はストレスや生活習慣の乱れなど、加齢だけではなく様々です。

 

肌の新陳代謝が悪くなるとターンオーバーの周期が乱れて、古い角質が残ってしまうことで毛穴をふさいでしまいます。

 

ターンオーバーとは、肌が新陳代謝によって生まれ変わることを言います。
ターンオーバーの周期は20代で28日、30代で40日、40代で55日と年代によっても違います。
何らかの影響でターンオーバーの周期が乱れると古い角質が残ってしまい、毛穴がふさがった中でアクネ菌が繁殖して、大人ニキビができやすくなるのです。

大人ニキビが出来る原因は沢山ある

 

大人ニキビを引き起こす原因はひとつだけではありません。
主には生活習慣や栄養バランスの乱れ、間違った洗顔法やメイク汚れ、冷え性やストレス、女性ホルモンの乱れがあげられます。
これらの原因によって、肌の新陳代謝が悪くなり、先ほどお話ししたメカニズムで大人ニキビが出来てしまうのです。

 

詳しく説明しますと、生活習慣としては睡眠不足や不規則な生活、栄養バランスの乱れとしては、過度なダイエットや外食などが原因です。
また、ストレスがたまることによってホルモンバランスが乱れたり、血流も悪くなるので冷え性になりやすく、それが肌の新陳代謝を低下させます。

 

ニキビができる場所によって原因を知ることもできますので、正確に原因を判断し、正しい対策で大人ニキビを元から断っていきましょう。

知っているようで知らない大人ニキビの原因とは?関連ページ

大人ニキビと思春期ニキビの違いとは?
ニキビには大きく分けて「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の2種類があります。 この2つのニキビは別物だと言う認識はあっても、意外とその違いについては知らない人が多いのではないでしょうか。
ニキビの原因はできる部分によって変わってくる?
乾燥肌こそニキビができやすいので要注意!
気づかないうちにやってる?ニキビができやすい生活習慣とは?