大人ニキビ対策のスキンケアテクニック

ニキビ肌のための洗顔料の選び方

洗顔は毎日行なうものなので、ニキビ肌の人は特に使用する洗顔料選びに気を使わなければいけません。

 

ニキビ肌のための洗顔料は、一体どんなものがよいのでしょうか?
ニキビ肌専用の洗顔料もたくさんありますが、豊富に取り揃えられているだけに余計に迷ってしまいますよね。

 

ここでは大人ニキビ肌にいい洗顔料を選ぶ時のポイントをお話ししたいと思います。

 

泡立ちが悪いものやスクラブ配合は×

 

一日も早くニキビを治すために、一番気をつけてほしいのは、「泡立ちがよいか?」という点です。
泡立ちがよくなければ、必然的に直接肌をゴシゴシするような刺激の強い洗顔方法になってしまいます。

 

肌に刺激を与えるような行為が一番ニキビ肌にはよくないので気をつけましょう。
同様に、洗浄力がありそうなスクラブ入りの洗顔料も刺激がありますので、使用しないようにしましょう。

 

界面活性剤入りの洗顔料ではなく固形石けんを

 

泡立ちがいい洗顔料だからといって、全ての洗顔料がニキビ肌に有効で安全なのかというと、そうではありません。
コスパ面の都合や効率よく泡を立たせるために配合される、界面活性剤配合の洗顔料はなるべく使わないようにしましょう。

 

界面活性剤を配合することで確かに泡立ちはよくなりますが、界面活性剤自体が肌に有害な成分ですから、弱っているニキビ肌には、あまりお勧めできません。

 

とは言っても、最近の洗顔料のほとんどに界面活性剤は含まれています。
唯一含まれていないのは固形タイプの洗顔石けんです。
固形タイプの洗顔石けんは、使いにくいイメージがあるかとは思いますが、実は泡立てがしやすく、長い期間使えるのでコスパもよいのです。

 

炎症をおさえる成分として有名なグリチルリチン酸

 

ニキビ肌のための洗顔料として多いのが、ニキビの炎症を抑える効果のある成分が配合されているものです。

 

炎症を抑える成分では、オウゴンエキスやカミツレエキスのような天然ハーブ、グリチルリチン酸やサリチル酸が有名ですよね。
中でも最近特に注目されているのが、グリチルリチン酸です。
グリチルリチン酸は抗炎症作用により、ニキビの炎症を鎮めてくれる上に刺激も少ないことから、大人ニキビをくりかえす乾燥肌に有効なのです。

 

敏感肌、乾燥肌の人でも安心して使えるグリチルリチン酸配合の洗顔料は大人ニキビ肌にもお勧めです。

ニキビ肌を改善するための洗顔料の選び方とは?関連ページ

繰り返しできるニキビを防ぐ正しいスキンケア方法
やっとニキビが治ったと思ったら、また同じ場所にくりかえし出来るのが大人ニキビの特徴です。 大人ニキビをくりかえさないための対策には、いくつかの方法がありますが、ここでは、ニキビ防止のためのスキンケア方法をご紹介します。
ニキビ改善には洗顔以上に保湿が重要だった!
勘違いしてない?ニキビ肌に必要なのは油分ではなく水分
絶対消したい!ニキビ跡対策の化粧水を選ぶポイント
これ以上ニキビを悪化させないメイク方法
ニキビがあるとメイクのりも悪くなりますし、場合によってはできているニキビを悪化させてしまいますよね。 どんなコスメでどんなメークをすれば、ニキビの悪化を防げるのでしょうか? コスメ選びの基本から詳しくご説明したいと思います。
しつこいニキビをなかったことにする隠しわざ
ニキビを隠すためにファンデーションを何度も塗っていると、厚塗りになったり、ニキビの部分だけファンデーションの量が多く、余計に目立ってしまった経験はありませんか? ニキビやニキビ跡を隠すためには、どんなメイク法が効果的なのか、ここで詳しくお話ししたいと思います。
ニキビ対策ピーリングのメリット・デメリット
ニキビ予防のためのサプリメント選びのポイント