敏感肌、乾燥肌

大人ニキビ肌の人のほとんどが、おそらく敏感肌か乾燥肌タイプだと思います。
たとえ、てかりがあったり皮脂が多いとしても、乾燥が原因で皮脂が異常分泌している可能性が高いのです。

 

敏感肌、乾燥肌のニキビ対策のポイントはとにかく、保湿に気をつけることです。
洗顔後にはすぐに化粧水で水分を補給して、その水分が逃げないように乳液でふたをしてあげましょう。

 

また、なるべく刺激を与えないための対策も必要です。
クレンジング剤はオイルフリーのもの、洗顔料は泡立ちがよく界面活性剤が含まれていないものを使用し、顔を拭くタオルは、肌を傷めないように柔らかいものを選びましょう。

 

脂性肌

 

脂性肌は皮脂が多いオイリーな状態の肌のことをいいます。
思春期だけではなく、大人になってからも脂性肌の人は比較的少ないのですが、体質的に脂性肌の人もいます。

 

脂性肌のニキビ解消のポイントは、皮脂をしっかり落とすことです。
とは言っても、ゴシゴシ洗顔や念入りすぎる洗顔をするのではなく、きめ細かい泡の洗顔料で優しく時間をかけて洗顔するのがポイントです。

 

洗顔後の保湿は、脂性肌だからといって、あまりやらなくてもいいのではありません。
むしろ、これ以上皮脂が分泌しないためにも、敏感肌、乾燥肌と同様に保湿もしっかりと行なうべきです。
ただ、使用する化粧水や乳液は、さっぱりタイプのものを使用するようにしましょう。

 

日常では、とにかく皮脂が毛穴につまらないように、あぶらとり紙などで小まめに拭き取りましょう。

 

混合肌

 

混合肌のニキビケア方法は少々難しく手間がかかります。
なぜならば、同じ肌でも乾燥している部分と皮脂が多い部分が分かれているので、場所によってスキンケア方法を変えなければいけないからです。

 

混合肌でよくあるのは、TゾーンとUゾーンが脂性肌で、その他が乾燥肌だというケースです。
つまり、化粧水や乳液などのスキンケア化粧品を使い分けなければいけないのです。

 

脂性肌の部分はさっぱりタイプの化粧水と乳液で、乾燥肌の部分は、保湿性の高い化粧水と乳液でスキンケアをしましょう。

 

ニキビケアの方法も分ける必要があります。
混合肌の場合は、先ほどから敏感肌、乾燥肌、脂性肌の順に説明してきたとおりに、その場所に合ったケアを行なうようにしましょう。