鼻ニキビと食事の関係

思春期に多い鼻のニキビですが、メイクの汚れや食生活によって皮脂が多くなると、大人でもニキビをくりかえすことが多くなります。

 

何度もくりかえす鼻ニキビをどうすれば治すことができるのでしょうか?
ここでは食生活にスポットを当ててお話したいと思います。

 

 

ファーストフードや外食が多くないか?

 

ファーストフードや外食は、脂質の高い食べ物ばかりです。
フライドポテト、フライドチキン、ハンバーガーなど、油をたっぷり使ったボリュームあるものばかりですよね。
またコンビニのお弁当も、フライなど脂質の高いものばかりです。

 

このように脂質の高いものを多く食べていると、皮脂が分泌しやすい鼻が一番影響を受けます。
オイリーになって毛穴をつまらせ、ニキビができるようになるのです。

 

脂質の高い食べ物は、できるだけ避けるようにしましょう。

 

甘いものや糖質が多いものを摂りすぎていないか?

 

甘いものや糖質の高い食べ物を食べすぎても、皮脂分泌が盛んになり、鼻にニキビをくりかえすようになってしまいます。

 

甘いものと言えば、チョコレートやケーキ、砂糖や生クリームがたくさん使われているものが中心です。
糖質が高い食べ物とは、ご飯や麺類、パン、野菜ではイモ類やとうもろこしなどです。

 

糖質は、体内でビタミンB1によって分解されますので、糖質を摂りすぎることでビタミンB1も不足し、肌荒れやニキビを起こしやすくなってしまいます。
ビタミンB群は肌を健やかに保つために働く大切な栄養素なのです。

 

食物繊維や野菜を多く摂るようにする

 

鼻にニキビができる時は便秘気味であったり、胃腸が弱っている可能性があります。
ですので、食物繊維や野菜を積極的に摂るように心がけましょう。

 

食物繊維が多い野菜で胃腸に効くのは、ゴボウやしょうがです。
便秘に効く食物繊維で代表的なのは、こんにゃくです。

 

なぜ、便秘になると鼻ニキビなどのニキビができやすくなるのでしょうか?
それは、便秘によって老廃物や毒素が体外に排出されにくくなるため、毛穴から排出しようとするようになり、ニキビができやすくのです。
つまり、毒素などが皮脂とともに分泌されて毛穴がつまりやすくなるということです。

 

鼻にニキビをくりかえす時は、胃腸の調子をセルフチェックして、食生活を見直すとともに、胃腸の働きの改善につとめましょう。