大人ニキビ対策のスキンケアテクニック

冷え性を改善させよう

冷え性になると血流が悪くなり、新陳代謝はダウンするので、ニキビができやすい肌を作ってしまうことになります。
冷え性を改善するためにも、体が冷えた状態を長く続かせないためにも、体を芯から温める食材を食生活に取り入れることが大切です。

 

ここでは、体を温めてニキビ予防につながる食材をご紹介します。

 

野菜は根菜できまり!

 

野菜には体を温めるものと、冷やすものがあります。
それらをどのように見分けるかと言いますと、体を温める野菜はほとんどが根菜なので体を温めたい時は根菜を選ぶようにしましょう。

 

根菜とは、育てる時に土の中にある部分を食用としている野菜のことで
例えば、サツマイモ、じゃがいも、ニンジン、ゴボウ、山芋などを指します。
野菜をセレクトする時は根菜をメインにすると、体も温まり血行がよくなることで、ニキビ予防ができます。

 

生姜で芯からポカポカ

 

体を温める食材として有名な生姜は、ニキビ予防にも役立つ食材です。
ピリッと辛い生姜が苦手人は、煮物や炒め物に少量加えてみると、いつも通り食べることができます。

 

また、いつも紅茶を飲む人なら、少し生姜を加えるだけでも体がポカポカ温まり、ニキビができにくい体質に変えて行けます。

 

ネギは白いところがポイント!

 

ネギの中でも長ネギは体を温める食材として知られています。
長ネギの白い部分を輪切りにするとわかるのですが、切り口から白い液体が出ているのです。
この白い液体こそが体を温めてくれる辛味成分で「アリシン」と言います。
このアリシンは、風邪予防にもなると言われているほど体を温める作用が優れているのです。

 

寒い冬には鍋をする機会も多くなると思いますが、ネギを食べる時は白い部分を食べると体が温まりますよ。

 

血行を良くするトウガラシ

 

最後にご紹介したいのは、代謝を上げる食材として有名なトウガラシです。
トウガラシは、食べている最中にも汗が吹き出て来るほど温め効果が高いですよね。

 

含まれる「カプサイシン」という成分は、血流を良くするためによく使われる成分でもあります。
血行を良くする食べ物としてはNo.1とも言える食材です。

 

しかし、トウガラシは刺激が強いので胃腸に負担をかけてしまう恐れもあります。
一度にたくさん食べたり、胃腸が弱っている時に食べるのはやめましょう。

 

いかがでしたか?
このように体を温める食材をうまくセレクトして毎日の食事に取り入れて行くことで、次第に冷え性も改善されて新陳代謝がよくなり、ニキビのない肌を手に入れることができますよ!