大人ニキビ対策のスキンケアテクニック

あなたのは何色?ニキビには白と黒と赤がある

皆さんは、ニキビに色があることをご存知ですか?
ニキビなんてどれも一緒…だと思っていませんか?

 

実は、思春期、大人に関わらずニキビには、「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」の3色があります。
あなたのニキビは何色ですか?
実は、ニキビの色によって、ニキビの進行度がわかるのです。

 

初期症状は目立たない白ニキビ

 

ニキビの初期には、白いニキビが出来ます。
この段階は毛穴に皮脂がつまり、アクネ菌が繁殖し始めている状態です。
目で見ると、白いポツポツがあるという程度であまり目立ちません。

 

ニキビを覆っている皮も薄いので、ちょっとした刺激で皮が剥がれてしまったり、炎症を起こす可能性もあります。

 

皮脂が黒ずむと黒ニキビに

 

皮脂が酸素に触れて酸化すると黒くなってしまいます。
毛穴の黒ずみに悩む女性なら、皮脂の酸化については詳しいと思います。

 

毛穴が黒ずむという現象は加齢やその他の原因で毛穴が開いてしまうことによって、毛穴につまっている皮脂が酸化して黒くなったものなのです。

 

ニキビの場合は、白ニキビの時に薄い皮に覆われていた皮脂が、皮に穴が空くことによって酸素に触れてしまい、皮脂が酸化して黒ニキビになるというメカニズムです。

 

白ニキビの段階で的確なケアが出来ていれば、黒ニキビに発展せずに消滅しますが、白ニキビを放置しておくと、黒ニキビになってしまいます。

 

炎症を起こすと赤ニキビに

 

黒ニキビを放置しておくと、次第にニキビは赤に変色して行きます。
赤ニキビの状態は非常に注意が必要な段階で、ほとんどの場合、ニキビ跡が残ってしまいます。

 

赤いということはつまり、炎症を起こしているということで、もはやニキビではなく傷に近い状態だと思ってください。

 

この状態になると、メイクで隠すのも困難になります。
ニキビ跡になった場合にも、凹凸があったり、赤みが残ることで隠すのは大変になってきますから、女性は特に注意が必要です。

 

ニキビの芯を取るとさらに悪化する?

 

ニキビの芯を取っていい時もありますが、悪い時もあります。
白ニキビの初期の頃は、まだ皮脂も固まっていないので芯らしき芯になっておらず、取りにくいと思います。

 

しかし、白ニキビの芯が次第に固まってくると取りやすくなりますので、小さい芯で、すぐに取れそうならば取っても問題はありません。

 

しかし、根が深く大きな芯の場合は、取ったところからばい菌が入り、
白ニキビから黒ニキビを通り越して、赤ニキビに発展する恐れがあります。

 

 

ニキビには3種類!白ニキビ黒ニキビ赤ニキビとは関連ページ

あなたは何肌?お肌のタイプ別ニキビ対策方法
ニキビは原因によって対策方法が変わってきますが、肌のタイプによってもケア方法が変わってきます。 自分の肌のタイプを把握して、そのタイプに合ったケア方法でニキビを改善していきましょう。
頑固なおでこニキビはヘアケア用品の見直しを
普段は前髪で隠れていることが多いので、周りからはあまり気づかれにくいかもしれませんが、おでこにできる大人ニキビも結構しつこいのです。 ここでは、おでこニキビの原因と対策法についてお話しします。
目立つほおのニキビを改善する洗顔方法
甘いものや脂っこいものを食べ過ぎたり、ストレスがたまっていると、ほおに大人ニキビができます。 ほおのニキビはすごく目立つので、一日も早く治したいですよね。 ここでは、ほおのニキビを改善するための洗顔方法をご紹介します。
口と頬のニキビ予防になる食べ物とは?
顎ニキビを解消するには自律神経を整えよう!
赤ニキビ跡の解消には新陳代謝が鍵だった!
鼻ニキビをくりかえす時は食生活の改善を!
茶色いニキビ跡を治す美容液を選ぶポイント
ニキビをつぶしてしまった時の対処法
ニキビはつぶさないで治るまでそっとしておくことが大前提ですが、白い角柱が外に出て、目立ち始めると取りたくなってしまったり、無意識に手や爪があたって、結果的につぶしてしまうこともあります。