大人ニキビ対策のスキンケアテクニック

乾燥肌とニキビ

脂性肌により皮脂が多くなると、ニキビができやすいのは、みなさんよくご存知ですよね。
しかし、肌が乾燥しすぎてもニキビができやすいという事実は知っていますか?

 

それにしても、なぜ乾燥肌なのにニキビができるのでしょうか?
ここでは、そのメカニズムについて詳しくお話しします。

乾燥肌ニキビのメカニズムは?

 

脂性肌ニキビは、何らかの事情により皮脂が多く分泌されることで、古くなった皮脂すなわち死んだ角質が毛穴をふさぎ、アクネ菌が繁殖してニキビが出ます。

 

思春期ニキビが典型的な脂性肌ニキビで成長ホルモンが皮脂腺を刺激することで、皮脂の異常分泌が起こり、ニキビができやすくなるのです。

 

一方乾燥肌とは、皮脂分泌が少ないために肌のバリア層でもある皮脂膜が異常に薄くなり、その下にある角質層に補った水分が蒸発してしまう肌のことをいいます。

 

そのような状態では、いくら水分を補給したとしても、すぐに水分は蒸発してしまい乾燥状態が続きます。
さらには、薄くなった皮脂膜では、バリア機能の役割を果たすことはできないので、外からの刺激にも弱くなり、ニキビだけでなく、肌荒れを引き起こすこともあります。

 

乾燥状態が長く続くことで、枯れてしまった角質は硬くなり、毛穴を細くて弱いものにしてしまうのです。
そうすると、少しの皮脂でも毛穴をふさいでしまうようになり、いつニキビができてもおかしくない状態になるのです。

 

乾燥肌が引き起こすもうひとつのニキビのメカニズム

乾燥肌から大人ニキビが出来るメカニズムとして、もうひとつのパターンがあります。

 

それは、乾燥肌が続くことで、その乾燥を防ごうとして、皮脂が過剰に分泌されることで大人ニキビができてしまうというものです。

 

実は乾燥肌なのに気づいていないという例がよくあります。
なぜそのようなことが起こるのかといいますと、皮脂が多く分泌されていることで、肌がオイリーになるために、自分は脂性肌だと勘違いしてしまうのです。

 

ですから、お手入れも脂性肌向けの方法で行なうようになり、それがさらに、乾燥肌をまねき悪化させていきます。
乾燥肌が改善されないうちは、ずっと大人ニキビは繰り返されるのです。

 

しっかりとスキンケアをしているつもりなのに脂性肌のようなテカリなどが改善されず、大人ニキビが繰り返される場合は、乾燥肌向けのお手入れ方法に切り替えた方がいいかもしれません。

乾燥肌こそニキビができやすいので要注意!関連ページ

知っているようで知らない大人ニキビの原因とは?
大人ニキビと思春期ニキビの違いとは?
ニキビには大きく分けて「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の2種類があります。 この2つのニキビは別物だと言う認識はあっても、意外とその違いについては知らない人が多いのではないでしょうか。
ニキビの原因はできる部分によって変わってくる?
気づかないうちにやってる?ニキビができやすい生活習慣とは?