大人ニキビ対策のスキンケアテクニック

ニキビ改善には保湿が重要

できてしまったニキビを一日も早く治したい!
もう二度と、こんなニキビが出来ないようにしたい!
と意気込むばかりにゴシゴシ洗顔をしてしまったり、念入りすぎる洗顔をくりかえすと、かえってニキビができやすくなり、さらには、肌荒れや炎症を起こす原因にもなりかねません。

 

大人ニキビ改善のためにはクレンジングと洗顔が基本ですが、実は一番重要なのは「保湿」なのです。

 

効果的な保湿の方法やタイミングを知ることで、しつこい大人ニキビを改善していきましょう。

ゴシゴシ洗顔や念入り洗顔をし続けると?

 

ニキビの原因は汚れだと思い込み、ゴシゴシ洗顔や念入りすぎる洗顔をする人がいますが、
これは絶対にやってはいけないことなのです。

 

大人ニキビができている肌は普通の肌よりもデリケートで、肌荒れしやすい状態になっているのに、ゴシゴシ洗顔や念入り洗顔をくりかえすことで、摩擦により肌が傷んでしまい肌荒れが進行します。

 

また、薄くなっていた皮脂膜もさらに薄くなり、保湿ケアではどうにもならないほどのレベルまで乾燥肌が進行してしまい、大人ニキビはさらにできやすくなります。

 

洗顔後はすぐに化粧水をするのが正解?

 

思春期ニキビは、正しく皮脂を落とすことがニキビ改善のカギとなりますが、大人ニキビは保湿ができているかどうかがニキビ改善のカギとなります。

 

つまり、洗顔が基本で保湿が重要点となるのです。
逆に言えば、洗顔がしっかりできていても、保湿が不十分ですとニキビは改善しません。

 

そこでポイントになるのが、化粧水をつけるタイミングなのです。

 

化粧水が浸透しやすい肌は、柔らかい状態の肌です。
しかし、大人ニキビができやすい肌は乾燥により硬い場合がほとんどです。
ですが、洗顔直後の肌は、皮脂も落ちていて比較的柔らかい状態なので、まさに化粧水をつけるベストタイミングなのです。

 

洗顔後は素早くタオルで水分を拭き取り、肌が完全に乾いて硬くなる前に化粧水をつけて浸透させましょう。

 

洗顔後→化粧水→乳液は素早くがポイント!

 

洗顔後の肌がやわらかいうちに化粧水をつけて、充分に肌に潤いを浸透させたら、今度は乳液で潤いが逃げていかないようにふたをします。

 

乳液でふたをするタイミングによって保湿力が変わるほど、乳液をつけるタイミングも重要です。

 

化粧水が肌に充分に浸透したら、すぐに乳液をしましょう。
これで潤いは蒸発せずに、完全なる保湿ができたといえます。

ニキビ改善には洗顔以上に保湿が重要だった!関連ページ

繰り返しできるニキビを防ぐ正しいスキンケア方法
やっとニキビが治ったと思ったら、また同じ場所にくりかえし出来るのが大人ニキビの特徴です。 大人ニキビをくりかえさないための対策には、いくつかの方法がありますが、ここでは、ニキビ防止のためのスキンケア方法をご紹介します。
勘違いしてない?ニキビ肌に必要なのは油分ではなく水分
絶対消したい!ニキビ跡対策の化粧水を選ぶポイント
これ以上ニキビを悪化させないメイク方法
ニキビがあるとメイクのりも悪くなりますし、場合によってはできているニキビを悪化させてしまいますよね。 どんなコスメでどんなメークをすれば、ニキビの悪化を防げるのでしょうか? コスメ選びの基本から詳しくご説明したいと思います。
しつこいニキビをなかったことにする隠しわざ
ニキビを隠すためにファンデーションを何度も塗っていると、厚塗りになったり、ニキビの部分だけファンデーションの量が多く、余計に目立ってしまった経験はありませんか? ニキビやニキビ跡を隠すためには、どんなメイク法が効果的なのか、ここで詳しくお話ししたいと思います。
ニキビ肌を改善するための洗顔料の選び方とは?
ニキビ対策ピーリングのメリット・デメリット
ニキビ予防のためのサプリメント選びのポイント