ニキビ肌に必要なのは水分

大人ニキビができるのは主に乾燥肌が原因だと聞いて、たいていの人は乾燥を防ぐために油分を補給しようとするのではないでしょうか?
まるでそれは、カサカサになった手にハンドクリームを塗るような感覚に似ていると思います。

 

しかし、油分を補えば乾燥肌が改善されて、大人ニキビがなくなるというわけではありません。
場合によっては、さらに大人ニキビを悪化させることもあります。

 

大人ニキビの改善のためには、水分と油分のどちらが必要なのか?そのバランスは?
ここで徹底分析してみましょう。

 

乾燥肌は油分だけでは改善できない

 

大人ニキビに悩む肌のほとんどが、乾燥肌状態になっていると思います。
ここで単純に解釈すれば、乾燥防止=油分補給ということになりませんか?
しかし、大人特有に乾燥肌は油分よりもまずは、水分を必要としているのです。

 

そもそも、なぜ肌が乾燥しているのかというと、何らかの事情で乱れてしまったターンオーバーの周期が原因により、皮脂膜が薄くなることで肌のバリア機能が低下して、角質層に潤いを閉じ込めておくことができなくなるからです。
つまり、肌は水分不足でカラカラになり、角質も枯れてしまっている状態なのです。

 

ですから、水分なしで油分を補っても、乾燥肌の改善にはつながりません。

 

また、ニキビができてしまっているところに、水分ではなく油分だけを塗ることでさらにニキビを増やしてしまう恐れもあります。

 

水分補給ができていないことで皮脂が異常分泌される上に、油分をプラスすると、さらに毛穴はつまりやすくなりニキビができてしまうのです。

 

水分も油分もバランスよく補給すること!

 

大人ニキビに悩む乾燥肌に一番に補給しなければいけないのは水分です。
洗顔後には、たっぷりの化粧水で充分に水分補給することが大事で、その保湿力が高ければ高いほど乾燥肌を防ぐことができ、潤い状態が続くので過剰に皮脂が分泌されることも少なくなります。

 

しかし、化粧水で水分を充分に補給したとしても、その水分が逃げないようにしなければ、せっかくの補給も無駄になります。

 

ここで、油分である乳液やクリームの存在が重要になってくるのです。
角質層に補給した水分を空気中に逃がさないように油分でふたをするのです。
大人ニキビをくりかえしている乾燥肌の人の保湿ケアとしては、水分と油分の役割を活かして、バランスよく使うことが最大のポイントです。

 

水分だけ、油分だけといったどちらかの片方だけでは、乾燥肌を改善することはできず、大人ニキビの改善も不可能となります。